古代都市ツボクラ

よく食べ よく眠り よく考える,難ある男二人の備忘録

追加合格の是非

どうも,たけです.君の瞳に惨敗. 

大阪大学京都大学の昨年の入学試験問題に出題ミスがあり,採点をやり直した結果「本来合格していた人」が追加合格になったというニュースがありました.この出来事についていろいろもやもやしています.気になるのは以下の三点.

  • 出題ミスとするのか
  • フェアな採点とは
  • 追加合格の基準

 

出題ミスとするのか

今回の件は,問題の条件設定が足りず,その設定の置き方によって二通りの解答が考えられるというものでした.これははたして「解答不能」なのか.

受験者が自分で追加の仮定をおき,その仮定に基づいて解答することは可能です.また,考え得るすべての場合について解答することも可能です.それなのに何故これを「解答不能」とするのか疑問です.「解答が一つになるように設定がすべて与えられなければならない」という甘い前提は誰が決めたものなのでしょうか.

試験のルールは大学側にあるため,大学はこれを「解答不能」と見なすか「解答可能」と見なすか選択できます.大学が「不備のある問題にも対応して説得力のある解答ができる学生がほしい」と考えれば,これを「解答不能」とする必要はありません.今回これを「解答不能」と見なすということは,大学は自らの入学試験を「用意された問題設定が完璧である場合にその問題を解くことができる人を選抜する試験」であると表明する意志を少なからず含んでいると言えます.

研究や就活,仕事においては「答えが用意された問題しか解けないのはダメ」みたいな風潮があるにも関わらず,ここではそういう対応になるのかと,少しがっかりしました.少なくとも今後は入試問題の注意書きに「問題設定の情報不足により解答が一通りに定まらない場合,追加の設定条件を提示し、その条件に基づいた解答を示すこと」とでも書けばいいと思います.

 

フェアな採点とは

次に,これを「解答不能」と見なしたとして,「全員正解にする」という対応の正当性がどう説明されるのか気になりました.「全員正解にする」ということは,「その問題に時間を費やした人」に比べて「その問題に時間を費やしていない人」の方が得をするということです.これはフェアなのでしょうか.その問題に全く取り組んでいない白紙解答の人まで得点するのがフェアなわけがないように思います.かといって出題ミスによるロスがあった人をケアしないというのもフェアではない.

「そのままにする」のも「採点しなおす」のも,どのみちフェアでないのなら,「どちらの方がマシか」を考えるべきです.今回の件では「大学側が何度も見直したが気づかなかった」「受験生から問い合わせが多く寄せられたわけでもない」ようなもので,「受験生のうちその出題ミスによって時間を奪われた人」の割合が多かったとは思えません.よって,この出題ミスが受験生に与えた影響は少ないため「そのままにする」方がまだフェアであると僕は思います.何か僕の知らない重要な要因があるのかも知れませんが,もし「出題ミスがあった場合は問答無用で全員正解にする」といった風潮があるとすると,それは納得いきません.

 

追加合格の基準

入学試験にフェアでない何かが起きたとき,どういった基準で追加合格が認められるのかが気になりました.今回は採点をやり直したことによって「本来合格していた人」が出たということですが,それは「本来不合格だった人」も出ているということではないのでしょうか?「本来合格していた人は追加合格にするが,本来不合格だった人の合格を取り消すことはない」という偏った対応がどう説明されるのか気になります.対応を考えるには大きく以下の5つの考慮事項があると思います.

① 要因が大学側にあるか
② 要因が受験生側にあるか
③ 受験生全員に共通に影響を与えているか
④ どれだけ時間がたっているか
⑤ 合格者が得点基準で決まっているか

①に該当する場合,「大学が悪いんだから受験生にいいようにしろ」的な圧力がかかるような気がします.②だけ該当するの場合はそうでもないかもしれませんが,①だけ該当する場合と対応が異なるのも気持ち悪いです.
③は採点しなおすかどうかに影響します.
④はいつまでさかのぼるかという話で,今5年前の出題ミスが発覚したとして,今更追加合格にするのか?という話です.
⑤が重要です.これは「n人を合格」と定めているのか,基準点を超えていれば何人でも合格できるとしているかの違いです.手続きの中で基準点を「n位の得点」として定めていたとしても,あくまで「基準点を超えているかどうか」をルールとしている場合もあるでしょう.

例を挙げてみます.
例A:昨年の入試においてカンニングがあったことが発覚し,その人の合格が取り消された.これは[ ①× ②○ ③× ④1年 ⑤? ]となります.
例B:昨年の入試において,試験作成者が事前にある受験生一人にのみ問題の内容を教えていたことが発覚し,その学生の合格が取り消された.これは[ ①○ ②○ ③× ④1年 ⑤? ]です.

これらの場合にも「本来合格していた人」は生じて追加合格者が出るのでしょうか?
それは⑤によって変わってくると思います.あくまで基準点ベースの場合,合格者が一人減ったからといって基準点を超える受験生が増えるわけではないので,対応は不要です.しかし人数で定めていた場合,合格者が一人減った分「本来合格していた人」が生じることになります.

今回の件では[ ①○ ②× ③○ ④1年 ⑤たぶん基準点 ] となります.⑤について,「追加合格者は出るが合格取り消しがない」ということは,合格者が人数ではなく基準点で規定されていると(少し意地悪ですが)解釈できるからです.実際阪大や京大がどういった基準にしているのかは明確にはわかりませんが,その基準と今回の対応に矛盾があるとすればもやもやします.今回このような対応をしたということは,今後例Aや例Bのようなことが起きても「追加合格者は出さない」ということになりゃしませんか.

 

おわりに

ただもやもやを書き連ねました.そもそも,別に入試が「フェア」である必要はないのですが,「フェアだと思ってるならそれはフェアではないぞ」と言いたくなるもやもやです.

時と場合によりすぎるので明確に「こうすべき」と意見するのは難しいです.しかしながら,今回の「解答不能」「全員正解」「追加合格」というのは「対クレーム」てきな対応になりすぎではないか?という主張はしたい.今回の追加合格はいわば「詫び追加合格」にも見えます.この対応が「対クレーム」てきな意味で最も平和的で優しい対応であるとは思います.1年遅れででも合格がほしいという受験生の切実な気持ちもわかります.しかしながら,もしこの調子で「何らかの不備があれば追加合格者を出さなければならない」という風潮になれば,アラ探しが加速してまた一つ世の中が息苦しくなるということへの憂いもあるのです.大学はそもそも「より優れた学生がほしい」ので試験の質には言われなくても気を付けるでしょう.試験の質の低さを指摘することと,それに対する補償を求めることとは区別していきたい.

意識高い系

どうも,たけです.

アルミ缶の上におるおかん

 

ものすごく漠然とした話になりますが,意識高いに越したことはないのになぜいわゆる「意識高い系」は「意識高い系」なのか.定義はあいまいなままにして,僕なりの偏見を発表したいと思います.前提として,意識低いより高い方がいいし,何もしないよりした方がいいので,バカにする気持ちはありません.ただ,揶揄される部分には揶揄される火種はあると思いますし,参考になる部分もあれば陥る罠もある気がするので,そこに注意すべく自戒のために書きます.

 

なんとなく思うのは,意識高い系の人たちは「意識が高いかどうか」で群れているように見えるということ.僕は能力の高さで勝負したい派なので,その辺は相容れないところです.

 

次に,言語体系.カタカナ語を多用するのをいじるパターンはよく見ますね.既存の日本語でうまく言えないことをカタカナで言うのは納得できるのですが,今まで日本語で言えてたでしょって言葉がカタカナで置き換わっていると違和感を覚えます.思考が言語に大きく依存することを踏まえれば,言語体系の変化は思考体系の変化と言えるかもしれません.それは成長とも取れますが,付け焼刃の浅い言葉で浅い思考してしまっている可能性もあります.自分の言語体系に変化を感じることがあれば,ちゃんと中身が伴っているか顧みるようにしたいです.

 

内輪感.自分たちでイベントを開催し,自分たちの中で競い,自分たちの中で讃えあってる感じが気になります.独自の言語体系を使うのも内輪感と言えそうです.今自分の生活がほとんど研究室しかなく狭い範囲になっているため,僕も内輪の基準に甘んじないように気をつけなくてはと思っています.

 

そもそも「意識高い系」と呼ぶのがあれですね.ツイッターで見たものの受け売りですが「意識だけ高い系」とした方が良さそうです.僕も紙一重か同じようなもんなので,「能力圧倒的に高い系」になるんだというマインドでコミットして圧倒的成長したいです.

共感

どうも,たけです.

おもしろさの考察シリーズのその6です.

 

下記ツイートが強く印象に残っています.

これと同じような話をします.

腹から「すごい」「おもしろい」と思うためには「共感」が重要だと思います.上記ツイートでいうところの「"説明できる"の部分」がこれからする話の「共感」に相当しそうです.

 

例えばひと昔前はCGで作られた現実と見まがう映像に驚いていましたが,今ではCGでなんでも作れることが当たり前に思え,むしろ「CGじゃないこと」に驚くことが多いです.CGが「なんでもあり」になり共感の外に行っており,その分共感できる現実で起こることの方がアツいです.

 

人工知能が発達して人間の仕事が云々」 といった言説が流行っています.実際に仕事がどうとか人間にしかできないことがどうとかはよく知りませんが,「人間は人工知能よりも人間に共感しやすい」ことが本質的な価値としてあると思います.そのうち人工知能で色々できるようになると,そこにはもう驚きはなく,同じことでも人間がやれば驚くことになる.あるいは,今の話題だって,「人工知能がすごいことをできること」というよりも「すごいことをできる人工知能を人が作ったこと」に驚いているのかもしれません.

 

僕はものづくりの分野にいて,物理的に手に取れるようなものを対象としています.近年VRが盛り上がっていますが,僕がやってるような現実にあるものというのは,電子空間にあるものと比べて「同じ物理法則下にある」ことで人間から肉感のある共感を得られると思っており,重要なポイントの一つであると思っています.

 

一方で,機械にできるけど人には難しいことをやってのける人,例えば計算めちゃくちゃ速い人や写真のような絵を描く人に対して,「すごい」とは思いつつも「それに価値はあるのか?」と疑問に思うところもあります.「共感」に甘えていてもだめな感がある.最初に引用したツイートの話に戻ると『その"説明できる"の部分がギリギリであればあるほど感動は増す』の「ギリギリ」のところです.おもしろくありたいときには「共感」は欠かせない一方で,それはあくまで命綱にすぎません.共感に頼りすぎるとそれはもう「内輪ネタ」です.結局のところ,すごいことをしたければ「どれだけ常軌を逸するか」にこだわるべきだとしておきたい.その常軌を逸すためには「常軌」に関する共通認識が不可欠という意味で,共感が重要だということです.

 

あるいは,「それがすごい」のか「それを人がやったのがすごい」のかについても気にかけておきたいです.

 

p.s.

こうして考えていると,あるあるネタのおもしろさは「あるある」なことよりもむしろ「意外性」にあることを書いた下記記事の内容はまさしくで,よかったのでは.

closedin.hatenablog.com

 

 

洗練美

どうも、たけです。

どうやら僕が焦がれているのは「洗練美」のようです。

 

僕はこれをうまく言い表すことができていませんでした。それは「機能美」という言葉を使って説明しようとしていたことに無理があったからです。機能美というのは「機能性を求めた結果美が宿る」てきなことだと思います。しかしそれだと意味が狭すぎます。デザインや工学にとどまる話ではなく、あらゆるものが機能追求の対象になるからです。その機能追求が「洗練」です。

 

なぜ「洗練」に惹かれるか。

 

僕は何事も「目的的であるべき」と考えています。ある目的を定め、その目的がどれだけ達成されているかが数少ない正当な評価軸の一つです。

例えば、客観視を繰り返していくとあらゆる基準から離れることになり、何をも評価できなくなります。「なぜ?」を繰り返すと虚無に行きつくあれです。その中で何かを行うためには「目的」を設定する必要があります。目的を設定することで初めてその行いが意味を持ち得ると言えます。つまり「目的達成のためにどれだけ洗練されているか」だけが意味のある評価軸です。

 

別の例でも考えてみます。あるベクトルがあったときに、座標軸を設定しなければそのベクトルの向きは定まりません。宇宙空間に向きがないのと同じ話です。しかし、そのベクトルの大きさを見ることはできます。なので絶対的な視点ではベクトルの向きに意味はなく、ベクトルの大きさだけに意味があります。このベクトルの大きさが「洗練度」になります。「強さ」とも言えますが、ここでは「洗練度」でくくらせてください。

先の「目的的」の例では「目的に対する洗練度」の話でしたが、このベクトルの例ではもう少し漠然とした「洗練度」になります。

 

以上のように、僕にとっては青いか赤いかは重要ではなく、青いならどのくらい青いのか、赤いならどのくらい赤いのかが重要です。ですので「それがどのくらい洗練されているか」に注目することになります。

芸術、工学、スポーツ、お笑い、悪、人間...なんでもいいです。圧倒的に洗練されたものを目の当たりにした時の心震えるあの感じ。それを美とするのであれば、僕が焦がれているそれを「洗練美」と呼ぶのがわかりやすい。対象も目的もなんでもありです。例えば「めちゃめちゃ普通の人がめちゃめちゃ普通であること」にも洗練美は宿り得ます。

 

今日やっと、浮いていた概念が自分の腹に落ち、視界の透明度が少し増し、僕が洗練されました。僕が天職を全うすることに憧れているのもそういうあれです。そのための努力は全然なっちゃいませんが。

自己責任

どうも,たけです.

君の瞳に反対.

 

僕は自己責任的な考え方をしがちです.これは「自分で解決できる」という自信のある強者の論理と見ることもでき,僕を強者だと思ってる人から「お前は強者だからそんな考え方ができるのであって一般的にはそれは通用しない」と言われてしまうと構造的にそれを否定することは難しいです.しかし僕はこれが強者の論理だとは思っていません.むしろ逆です.

 

僕の自己責任的な考え方が強まりはじめたのは高校時代です.よく聞く「環境のせいにするな」「人のせいにするな」みたいなやつをまじめに実践したのが始まりです.実際にそれが環境のせいであったとしても,環境を改善する気がないのであれば,環境のせいにしたところで何も変わらないことを受け入れました.それよりも自分にどうにかできることをどうにかすることを考えた方が建設的です.

 

自転車に鍵をかけ忘れ,自転車が盗まれたとします.もちろん社会的には盗んだ奴が悪いですが,それで自転車が返ってくるわけではありません.「盗まれたくなかったらちゃんと鍵かけようね」というのは自己責任的と言えますが,問題を起こさないための妥当な手段です.

 

僕は「期待するから失望する」というのを受け入れています.「失望させられたのではなく,僕が勝手に期待して勝手に失望してる」と思った方が,失望から身を守ることができるからです.僕を失望させてきた対象はコントロール下にありませんが,自分が期待するかどうかはコントロール下にあるのでなんとかしようがあります.実際には「失望するようなことが起きた瞬間に,期待していなかったことにする」というテクニックを使っている気がします.期待のない人生もさみしいでしょうし.

 

以上のように,問題解決のためには自己責任的な認識が有効なことが多いです.

僕の高校時代の恩師が何度も「悲劇のヒロインを気取るな」「過去と他人は変えられない」と話していて,僕はそれを受け入れました.悲劇のヒーロー/ヒロインを気取ったところで状況は何も変わりません.過去と他人も変えられません.となると,もう,自分で何とかするしかないじゃないですか.環境や他人をどうこうするなんて,それこそ強者にしかできません.弱者こそ,自己責任的に,自分の問題に向き合わなければなりません.これが僕が自己責任的な認識をする所以です.

 

他人や環境も,天気と同じだと考えるに至ります.雨が降ったら傘をさすだけのこと.その方が,雲に向かって悪態つくよりも心穏やかに過ごせましょう.

迷惑のシーソー

どうも,たけです.

10か月ぶりの更新でございます.

 

人の行動が自分にとって不快な時に,それを相手にやめさせることの正当性について思うことがあります.

 

例えば,貧乏ゆすりがひどいAさんがいたとして,BさんがAさんに「貧乏ゆすりをやめてほしい」と頼むことの正当性はどのように説明されるのか.これは,一見すると「Aさんが迷惑をかけていて,Bさんは迷惑をかけられている」という構図になります.しかし,もし「Aさんが貧乏ゆすりをやめるための負荷」が「BさんがAさんの貧乏ゆすりによって受ける負荷」より大きかった場合,貧乏ゆすりをやめさせることでBがAに迷惑をかけることにはならないのか?それは正当なのか?

 

極端な話,「殴る・殴られる」なんかに置き換えても同じことが言えます.「どうであれ殴ったらそれはAが悪いんじゃ」と決めることで秩序を守るのが法律やモラルだと思いますし,それはそれでいいと思いますが,そういう社会的なものに染まらない絶対的な見方においては加害者と被害者を明確に分けることは難しいのではないか.せいぜい能動的か受動的かの区別しかできないのではないか.

 

何が言いたいかというと,迷惑が発生しているとき,「受動側」が「能動側」に対して「無条件に優位である」という感覚が自分の中にも刷り込まれている気がするので,吐き出していきたいということです.受動側が能動側に要求を出すことで立場が逆転するかもしれない.実際はシーソーのような構造になっていて,たまたま先にどちらかに傾いただけではないのか.だとすると,受動側というだけで偉そうにしてる人はださくはないか?

やられたらやりかえしていいという感覚がこわい.

 

 

研究について

ざわです。博士課程に進学する事を決めてからほとんど一年になります。この一年で研究が、立案、実験、解析と進み、自分が納得できる程度の結果を得る事ができ研究の一つのサイクルが終わりました。この過程で思った事を書き記そうと思います。僕の研究分野は理系の基礎分野なので他分野の人にとっては全く違った話になるかもしれません。


研究がひと段落した所での感想は「思ったよりも楽しくない」でした。こう思った原因は僕の博士課程進学理由にあります。僕は勉強がしたくて博士課程に進みました。しかし勉強と研究は違うものでした。僕のいう勉強の意味は、新しい数理モデルを理解し、それを運用する事でした。簡単に言えば教科書を読んで理解し、問題集が解けるようになる事が僕にとっての勉強でした。しかし研究は教科書を作る作業に近いです。何が知られていないのかを調べ(専門用語がたくさん乗った英語で)、どうやったらそれを知ることができるかを調べ、知った内容がどの様な意味を持つかを提示する。そしてその積み重ねを基に誰かが数理モデルを構築し説明に成功する。絵画の上に乗った土埃を皆で丁寧に刷毛で掃いていき、誰かが俯瞰してそれが何の絵か気がつくイメージです。そして僕に出来たのは絵画の一区画を掃くことだけでした(掃けたのか?絵画を損傷させてないか?)。教科書にしたら一行程度のことしか出来てないんです。一年くらいかかったのに。

知識の習得という点では勉強は研究に比べて比較にならないぐらい効率が悪いです。研究するための技能はある程度習得出来たけど、知識が蓄積され賢くなった気はほとんどしません。勉強することを研究に期待していたのに勉強がほとんど出来なかったために「意外と楽しくない」と感じたのでした。


…あ、でも書いてて「教科書一行程度の研究ってまぁまぁ凄くない?それに次の研究では数理モデルの構築目指したらいいだけでは?」という気持ちになって来たのでもういいや。今回の踏まえて次のをやってみよう。研究トークまぁまぁ楽しいし、「君の研究面白いね」って言われた時の気分は中々いいし、自分だけが知ってるプレミア感もいい感じなのでなんとかやっていける気がして来た。


面白い研究が何かや、同級生との収入の格差、他研究者とのコミュニケーションの重要性、海外留学、バイタリティ、教授や研究室での人間関係、生活習慣などなど、まだ色々な問題や考え、悩みがありますがそれはまた今度書こうと思います。


きょうはここまで(笑)


書くの疲れちったよ。