読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古代都市ツボクラ

よく食べ よく眠り よく考える,難ある男二人の備忘録

素人

どうも,たけもりです.
「そんなこともわからないのか」に対しては「そんなこともわからないこともわからないのか」です.
 
少し前の話ですが,僕は東京五輪のエンブレム問題,すごく怖かったです.「私刑」だと思いました.本当にパクリだったどうかについてはここでは言及しません.明らかになっていないからです.明らかになっていないのに,素人の勝手な憶測と糾弾の圧により,まじで降ろされてしまったんです.怖すぎる.ちゃんと調査する能力や権威を持った専門家や機関がいるのにもかかわらず.魔女狩りかよ.疑わしきは罰せよかよ.地動説を唱えたガリレオが有罪判決を受けたエピソードを聞いたときには馬鹿にするのに,ここでは自分の無知による妄信が有能な人間の活躍を妨げている可能性を考慮するには至らなかったのか.
 
素人ってやっぱ素人で,玄人ってやっぱ玄人だと思うんです.素人と有能な玄人の差とか才能の有無の差とかが圧倒的であることを,僕は素人としてよく痛感するのです.玄人は「素人はそれを考慮するべきだということすら知らないようなこと」をたくさん考慮していて,知らない僕には評価しようにもその評価軸すらわからない,そんな差が実際に存在するわけです.
素人なのに「参考程度」の域を超えて主張できる人を見ると,きっと想像絶してるのだろうと思います.コンビニやファーストフード店の接客がいまいちだと本気で怒ってる人を見たときに,高いお店ではサービス料払うことやチップを渡す文化の存在を知らないからかな?と思うのですが,それと似ています.理を知らないから自己の理不尽に気づきようが無い.
STAP細胞とかもそうなんです.どうして何も知らないのに自信たっぷりに石を投げられるんだろう.諦めて無いから?
 
過激に「素人は黙っとけよ」みたいなことを言いたいわけではないんです.僕も素人ですから.素人とか関係なく誰が何を言ってもいいんですけど,それが「参考程度」の域を超えてまじで力を持っちゃうんだってびびりました.世の中は理不尽なのがデフォルトなんだということを改めて実感です.
10000の才能を持った1人に成せても,1の才能しかない10000人では成せないことがあって,それは逆もまたしかり.賢く役割分担したらいいじゃない.
 
そう考えてると,素人の多数決で政治を決めちゃう民主主義バンザイてきなシステムってびっくりシステムに思えます.ものすごく極端に言えば素人が政治してるということです.おままごとかよ.当然指摘として「専門家だけで政治を行うと専門家サイドに有利な政治になってしまうので監視が必要」というのもわかりますが,でも素人には「素人に有利な政治」がわからないのでどうせ正しい監視なんてできないと思うんです.当然これも素人意見であることを知った上で.
こういう発想って中国とか向いてるんですかね?知らんけど.「理想と最善」の後半で書いたことに当てはめれば,「善良な専門家によって行われる善良な政治」が僕の理想で,「素人も含めみんなで決める政治」が最善なのかなぁと思ってます.
 
はたまた,素人が自信たっぷりに地動説(正しいとされてること)を主張することもまた難ありです.これはざわの書いた似非科学の話てきな話.
 
僕は自分の手が届かない領域で起こることはパラレルワールドの出来事だと思っていて,そこで起こることは天気くらいの認識です.観察や考察して楽しむことはあっても自分でどうこうしようという対象ではありません.僕は僕が素人である分野において僕が素人であることに諦めがついています.僕がパラレルワールドに向けて石を投げたところで僕のいる世界は変わらないので,それなら自分の世界を幸せにすることに労力を使います.